Life Annimating !

アクセスカウンタ

zoom RSS 明治からやってる眼科

<<   作成日時 : 2016/05/08 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブログの前の記事の続きみたいなところもあるけど
突然目がおかしくなってどうしようかと思っていた時に
ふと直感が示してくれていたお医者さん。

電車の乗り換えの時にたまたま看板で見かけただけだったのだが、
ああこれも自分が訪ねたことの答えで気づかされたものだなと感じて覚えておいた。

そして友達のお医者さんに尋ねた時に返ってきたお返事にもこちらがでていてビンゴ!
ご近所のお医者さんに行くのをやめて、急患飛び込みで行くことにした。
もちろん事前に電話はして了承?はいただいてはいた。。。

御茶ノ水にある井上眼科クリニック。
なんと駅前のビルの18、19階にある。
その横には井上眼科病院。
外来と入院手術が別部隊になったいるみたいだ。

高層ビルに入ってもいるのでどんだけ医療費もかかるだろうか気にかかっていたが、
上がってみると広々としたフロアにはたくさんの患者さん、もちろんスタップの人たちも。。。
どんなところだ?!みたいなのだが、実に分業整理されている感じだ。

受付の後、視力検査などへ、そして診察。
大きなクリニックだけにかなり待つのを覚悟したのだが、
時間の変わり目の最後に滑り込んでいたおかげで案外スムーズ。
診察して、またすぐに追加の検査。
再度診察して終わり。。。見たいな。。。
受付では2時間はかかるように言われていたが
結局その前に終わってしまった。まあ症状が症状だけに治療もなかったからね。。。


で、感心したのはその分業体制だけではない。
2度目の検査で19階に移動した時、そこに並べられた資料の数々、、、
なんと明治10年の前の頃からのカルテだったか、何やらかにやらが並べられていて
代々の井上先生のお写真が9枚、、、、
なんと明治の初めには医者として開業していた一家の眼科だったのだ。

それだけでも随分感動するが、それだけで感心できるものではないのだが、
ここでは唸らされるところまで、、、
受付のところにあった社是・社訓といったもの。
もちろん病院だから社ではないのだが、なんと表現していいのか。
でも自分たちの医療に対する思いをはっきりと表明してあった。
それを読んでどれだけ先進的な発想で動いているのか驚かされた。
今の代替医療とかを理想としているようなところでも
なかなかここまで表記できているところも、考えが行き着いているところも少ないだろう。
それを先進的に通常の医療で眼科専門病院として誇りを持って行動している。
(スマホのメモリーがいっぱいになっていて撮り損なったのが残念なところ)

でも気づいてみるとクリニックには男性の医師とかがいないのでは?と思えた。
もしかすると外来と入院とで男女の医師の担当分けをしているのかもしれない。
そうすることでよりものあたりの良い患者さんへの対応ができるようにしているのではないだろうか。
そしてそれが進めて女性の良さを十二分に発揮出来る良い意味での男女差別化につながっているのでは。。。
そんなことも考えさせられるところだった。
(個人的に目のいく範囲での話。すべての医師がそうであったかどうかは確認できてない)

でも伺ってみてよかったと思う。
何かの時にはこの眼科をお世話になれば良いのかもなと。。。
ちょっとしたリマインダ眼科になっていた。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明治からやってる眼科 Life Annimating !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる